土地 購入 注意点

土地を購入する際の注意点!

おそらくほとんどの方が土地を購入するという経験がなく、土地の購入にあたり注意すべきことなど分からないことだらけではないかと思います。

 

 

土地を購入する場合は不動産業者や仲介業者から購入するケースもありますし、個人で直接購入するといったケースもあります。

 

 

土地を購入する際の注意点についてみていきましょう。

 

 

まず土地の購入にあたり立地条件は良いのかということを重要視される方も多いですが、
どんなに条件が良い土地であっても、自分の目的に応じた建物を建てることができない土地では意味がありません!

 

 

建物を建築する際には、建築基準法など様々な制限があり、せっかく土地を購入したのにその条件をクリアしていない場合は建てることはできないのです。

 

 

ですから建設基準法や都市計画法などの建築制限について、最低限の知識を事前に身につけておく必要があります。

 

 

そして建築を依頼する場合に、敷地形状によって理想とする住宅が建てられない場合もありますので、事前にどのような住宅を建てたいのかということをある程度イメージしておき、それが可能な土地を選ぶ必要があります。

 

 

その他の土地を購入する際に注意すべきポイントとしては以下のようなことがあげられます。

 

 

@敷地の境界をしっかりと確認しておく。
事前に境界がどこにあるのかということを確かめておかないと、その後何かとトラブルを招きやすくなりますので、隣接する土地との境界を確認しておく必要があります。

 

 

A地盤に問題はないのか。
以前、田んぼや川だったところに住宅を建てたものの、地盤が弱く家の壁にヒビが入ったり、家が傾いてしまうといったトラブルはよく聞きます。
いくら建物自体はよくても地盤がしっかりとしていなければ意味がありません!
過去にそこがどのような土地であったのかということについても知っておく必要があります。
またあまりに地盤が弱ければ、地盤改良費が高額になることもありますし、工法に制約がつく可能性もありますのでしっかりと事前に調査しておくことをお勧めします。

 

 

 

土地は一生に何度もある買い物ではありませんし、土地は住まいの基盤となるもので、後からその土地が気に入らないからといっても簡単に買い替えることはできません!

 

 

土地を購入する際の注意点をしっかりと抑え、慎重に見極めるようにして下さい。