土地 購入 失敗

土地の購入で多い失敗とは!

家づくりにおいて土地選びは非常に重要だと言われていますが、完璧だと思っていたはずの土地を購入したつもりでも、実際にその土地に住んでみると多かれ少なかれ不満を感じてしまうことはあるようです^^;

 

 

土地を購入されたときの失敗談を集めてみました^^;

 

 

・予算のこともあり安い土地を選んだけれど、実際に家を建てる際に地盤の調査を行ったら、地盤が弱く地盤改良費が高くなることが発覚。
見かけは非常にきれいな土地で、以前その土地が何に使用されていたのか事前に調べずに購入してしまったことを後悔した。

 

 

・ゴミ置き場が家のすぐ近くにあるので、夏場は非常に臭いが気になり窓を開けられない。

 

 

・土地を購入する際に隣との境界をしっかりと確認していない状態で購入してしまったため、境界にブロック塀をつくるつもりが隣とトラブルに発展してしまった。

 

 

・近くに小学校があるため、強風の日は砂が舞い込むし、休日は早朝からサッカーなどの練習を行っているため非常にうるさく気になってゆっくり寝ていられない。

 

 

などなど、実際にその土地で生活を始めてみると購入前は気が付かなかった問題が出てくるようですね^^;

 

 

よく言われる失敗談としてはやはりゴミ置き場の近くを選んでしまったということでしょうか。

 

 

そして大雨が降ると家の前に水たまりができるというケースも多いです。

 

 

100%完璧な土地というものはなかなか見つからないと思いますが、土地探しのポイントとして交通、医療機関など周辺環境は比較的整っているのか、なども重要なポイントになってきます。

 

 

平日と休日では交通量がかなり異なる場合もありますので、平日と休日の周辺の人通りや交通量なども調べておく必要があります。

 

 

また日当りに関しては時間や季節によっても大きく変わりますので、朝、昼、夜と時間帯を変えて何度も足を運びチェックしておくことをお勧めします。

 

 

価格や周辺の環境など土地に求める条件は様々ですが、土地選びで失敗しない為には自分たちのライフスタイルに合わせて優先順位を決め、様々な視点から念入りに調べて購入する必要があります。